Blogブログ

    00

     

    色や形の他に人が感じる【モノ】として、対象そのものが持つ【ボリューム】や【重さ】【存在感】が

    あると思います。

    ときに【重さ】は豊潤、艶やか などといった【美】に置き換えられるのでは無いでしょうか。

     

    秋は春に比べ、和装の存在感や豊かさを五感で味わうことのできる季節です。

    近年、和装での挙式を選ばれるお客様が多くいらっしゃいますが、

    会場を紅葉した枝もので装飾し、お手元には末廣(お扇子)の代わりに和花のブーケでアクセント。

    伝統美に新しさをプラスしたスタイルは、空間を錦秋のイメージ一杯に満たしてくれると思います。

     

    横浜アトリエ 荒木 務

     

    01a

Now Loading